ベッドショップ『Daily BED』運営者による、おすすめのマットレス・枕の調査や口コミ・評判をまとめたサイトです。

おすすめマットレス・枕!口コミ評判まとめサイト

マットレス

マットレスと敷布団の正しい使い方は?ベストな使い方をチェック!

更新日:

もっと快適な寝心地を手に入れるためにマットレスを利用する方が増えています。

マットレスと敷布団を併用する場合、多くの方が悩むのが「敷布団が上?」「マットレスが上?」という問題がでてきます。

どちらでもよさそうな気もするけれど、どっちのほうがより効果的なのかな?と迷ったら、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

マットレスと敷布団の正しい使い方は?ベストな使い方をチェック!

マットレスと敷布団はどっちが上?

結論を先に書くと、どちらでもO.K。

敷布団が上でも、マットレスが上でもどちらでもよいといわれています。

その理由についてそれぞれ見てみましょう。

 

上に敷布団、下にマットレスという使い方

→敷布団が薄い場合、敷布団の下にマットレスを敷くことで床付き感を軽減することができる。

 

上にマットレス、下に敷布団という使い方

→マットレスで適切な背骨のS字カーブ・体圧分散ができ、正しい寝姿勢をキープできる

このように、それぞれにメリットがあるといわれています。

しかし、せっかくマットレスを購入して使うのなら、上にマットレス・下に敷布団という使い方のほうがおすすめです。

 

「上:マットレス+下:敷布団」がおすすめの理由

その理由として、マットレス自体が直接人がその上に横たわることを想定して作られているということが挙げられます。

適度な寝姿勢(背骨のS字カーブ、体圧分散)ができるように作られているのに、その上に布団を敷いてしまうとその機能が無意味になってしまいます。

また、お手入れ・メンテナンスの点でも、厚みのあるマットレスが床やベッドの枠組と敷布団に挟まれてしまうと、内部に湿気や熱がこもり、カビやダニなどが繁殖しやすくなって衛生的ではありません。

マットレスを上にすれば手軽に日陰干しや風通しを良くすることができますし、専用の掃除機などを使ってダニの死骸や糞、ちりやほこりなどを除去することができます。

このことから、良質な眠りを手に入れるなら、敷布団をマットレスの上に敷くのではなく、マットレスを敷布団の上に敷いたほうが良いといえるでしょう。

 

マットレスが硬すぎる・柔らかすぎる場合

ただ、購入したマットレスが体に合わないという場合もあります。

例えばマットレスが硬すぎる場合。

そんな時は、トッパーを使って寝心地を良くするとよいでしょう。

トッパーにも柔らかいものや硬いものなど様々なタイプのものがあるので、お求めのマットレスとちょうどよい組み合わせで調整するようにする方法がおすすめです。

おすすめのマットレストッパー比較トゥルースリーパーとエムリリー、おすすめはどっち?

 

逆にマットレスが柔らかすぎる場合、腰・お尻部分などにタオルなどを敷いて調整するとよいでしょう。

 

まとめ

マットレスが上か、敷布団が上か、悩む方も多いのですが、マットレスの機能を考えるとやはり「マットレスが上」をお勧めします。

ただ、マットレスを購入して、敷布団の上にのせてしばらく使った後で「自分に合わないかも」と感じることもあることでしょう。

その場合は、トッパーやタオルなどを使って調整すると、より気持ちの良い眠りを手に入れられるはず。

ぜひお試しください。




-マットレス
-,

Copyright© おすすめマットレス・枕!口コミ評判まとめサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.